2016年10月17日 (月)

永遠番長

ベイスターズ 三浦大輔投手、引退されました。このときが、とうとう来てしまいました。
遅ればせながら、大変お疲れ様でした。




Photo



個人的なことですが、当初9/24の予定だった番長引退試合が9/29に伸びたために、私の手術日と重なってしまいました。前日に入院したときに、すぐにTVKが映るか確かめ、映ると分かったので、消灯の9時までは絶対に見る!と気合いを入れました。
幸い、手術が朝いちだったので、全身麻酔の影響もあって多少うつらうつらしながらも、番長が投げている間は、何とか見ることができました(家で録画入れてきたので、戻ってからもちろん全部見ました)。


勝てば5割という今期最終戦でしたが、それを度外視して、とにかく番長本人の納得のいくように投げさせた試合でしたね。それで良かったと思います。それをさせてもらえる選手はそうそういないし、10失点ということで、本人も潮時であることを、本当に身を持って感じることができたと思います。


最後の打席、そして最後三振を取って終わった投球の後のベンチでの番長の涙を見て、ベッドで横になりながら、私ももらい泣きしてしまいました。
今のチームで、誰よりも横浜に長くいる男、誰よりも横浜でいろいろな思いをしてきた男、誰よりも努力を怠らない男、そして誰よりも愛された男。


本当に、本当にお疲れ様でした!


とりあえず一旦はチームを離れるようですが、現役時代に他のチームを経験していないわけだし、俯瞰的に野球を外から見ることは、大事なことのように思います。
近い将来必ず、まずはコーチとして戻ってきてくれるでしょう。


それにしても、なんて絵になる男なんだ、試合後の花火を見ているだけなのに。
そして、最後の挨拶でも。
「これからも、三浦大輔はずっと横浜です!」
横浜ファンにとっては、かつての長島の「永久に不滅です」に匹敵する名言だと思います。


チームは、番長を日本シリーズに連れていくことはできませんでしたが、彼らの全力の戦いに、ホッと胸をなでおろしているのではないでしょうか。
おまえら、もう大丈夫だな、自分たちで、がんばっていけるな、ってね。


来年から番長がブルペンに立たないのは、想像するだけで、とても寂しいですが、チームもファンも、番長の背中は忘れません。
まずはゆっくり休んで、そして一ベイスターズファンとして”横浜”を再スタートしていただければ、と思います。
 

人気投票のボタンになっています。よろしかったらポチっと押してくださいませ。
  ↓↓↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


 ※ イラストを転載する場合には、教えていただけるとありがたいです。
    また仕事の都合上、コメントをいただいても1週間ほどお返事できない場合があります。ご了承ください。

2016年9月 4日 (日)

千代の富士

今日は、九重部屋の千代の富士 です。




Photo




7月31日、元横綱・千代の富士の九重親方が亡くなりました。私には大きなショックだったのですが、今日ようやく時間がとれて、手持ちの千代の富士の映像を全部見ました。



私は千代の富士が下から駆け上がってきた頃は、あまり知りません。中学・高校と忙しい時代だったので、相撲をあまり見られませんでした。ですから、私の千代の富士のイメージは、黒いまわしの横綱。もう立派な横綱でした。
千代の富士の引退は、仕事の泊まりがけの研修先で知り、夜、寮から急いで実家に電話したことが、私の周りでは語り草です。


千代の富士は映像を見る限り、十両や幕に上がってきた頃は、腕っぷしは強かったけれども、下半身の筋肉がまだそれほどでもありません。小さいからだで大きな相撲を取ろうとしていたことで無理がかかっていた頃ですが、下半身がしっかりできていなかったことも、無理に拍車をかけたのかなあと思いました。
でもこの頃は、本当に一場所一場所、目に見えてからだが大きくなっていくんですね。本人も、踏ん張れなかったところで踏ん張れる、力負けしていた相手に負けなくなった、という実感が本当に短期間に実感できたのではないかと思います。


昭和61年頃が本当に強い。伝家の宝刀、左上手は有名ですが、横綱が他の力士より早くたくさん動くのですから、そりゃあ、勝ちます。相手ももちろん、だんだん研究してきて、何とか千代の富士に左を取られまいとするのですが、例え左が取れなくても、下手でひねったり、左を相手の背中や脇に当ててすくったり。いくらでも勝つ動きができるんですね。


そして、相手より上回るその動きができなくなって、引退。ひとつの時代が終わったなあ、と、しみじみ感じたことを思い出します。


千代の富士の取り組みを見ていると、やはり、この時代が私が一番夢中になって相撲を見ていた時期だなあと思います。対戦相手や行事さんが、全部懐かしくて堪らない。
行事さんでは、私が「木村庄之助」とイメージしている第二十七代。力士では、若瀬川、琴ヶ梅、陣岳なんて渋いあたり。
そして、何といっても私の生涯第一位の北天佑。千代の富士に両廻し取られて、再三投げを受けても勝って2度目の優勝、なんていう相撲はもう、見ごたえ十分。
北天佑は、いつかきっと記事にします(今のところ贔屓過ぎて絵が描けない)。


千代の富士は、引退してからは協会の中ではいろいろうまくいかなかったみたいですが、相撲取りとしては、その相撲内容、努力は言わずもがな、髪が多くて筋肉質で、絵になるところも含めて、間違いなくトップクラスでした。
61才で、あまりにも早すぎました。ご冥福をお祈りいたします。


人気投票のボタンになっています。よろしかったらポチっと押してくださいませ。
  ↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

 ※ イラストを転載する場合には、教えていただけるとありがたいです。
    また仕事の都合上、コメントをいただいても1週間ほどお返事できない場合があります。ご了承ください。

2016年7月19日 (火)

宇良-石浦

大相撲名古屋場所九日目、十両でとうとう業師同士のウラウラ対決がありました。




W



宇良 173cm 127kg
石浦 173cm 110kg

今の十両を盛り上げてくれているふたりの対戦が、とうとう実現しました。この低い体制で、離れて取りたい宇良と、中に潜りたい石浦の攻防が繰り広げられました。
これでさらに中に入ろうとする石浦が、まずすごい。そして宇良は廻しを取られないように、手の攻防。どちらもまず下へは落ちないだろうから、さあ、どう決めるのか、わくわくして見ました。
さすがに石浦は中に入れず、結果、押し出しで宇良の勝ちでしたが、共々土俵下に落ちてしまい、宇良は足を痛めた様子で心配です。


数日前に舞の海さんが正面解説のとき、この宇良石浦について詳しく話をしていましたね。舞の海は体重が100kgに満たなかったので、ふたりは自分よりもう少し大きいと。舞の海は中に潜って掻きまわしたいタイプなので、宇良とは違うが、石浦は似ている。実際、宇良は舞の海さんについて、凄い人がいると思ったくらいで、参考にしようとか自分と似ているとか思ったことはないと。石浦は今場所八艘飛びを披露しましたが、舞の海さんのを参考にしたとか。
舞の海さんは、宇良について、「十両ではこれで通用する」という言い方をしていたので、幕内では厳しいということなのでしょう。


これで宇良2敗、石浦4敗で、石浦は優勝争いから脱落かなあ。ふたりとも、早く幕内に上がってきて、掻きまわしてほしいと思います。

人気投票のボタンになっています。よろしかったらポチっと押してくださいませ。
  ↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

 ※ イラストを転載する場合には、教えていただけるとありがたいです。
    また仕事の都合上、コメントをいただいても1週間ほどお返事できない場合があります。ご了承ください。

2016年7月 6日 (水)

倉本

今日は、ベイスターズ倉本選手 です。




Photo



昨日の1号HR、おめでとうございます!
守備の良さは最初から分かりましたが、今年は本当に打つほうがよくて、まさか1年でこんなに変わるとは。梶谷選手のコンバートは失敗だったという声も聞こえますが、倉本選手を正遊撃手として固定するためだったと思えば、ある意味大成功じゃないでしょうか?


オールスターに選出されるかと思ったら、まだ他球団関係者及びファンには、地味な存在なんですかね。残念でした。
せっかくなのでよく休んで、是非首位打者狙ってほしいと思います。


人気投票のボタンになっています。よろしかったらポチっと押してくださいませ。
  ↓↓↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


 ※ イラストを転載する場合には、教えていただけるとありがたいです。
    また仕事の都合上、コメントをいただいても1週間ほどお返事できない場合があります。ご了承ください。

2016年6月13日 (月)

戸柱

今日は、ベイスターズ戸柱選手 です。




Photo




「真実の口」ですね。
ようやくようやく、正捕手が現れた...でしょうか。ずーっとちゃんとしていなかったポジションなので、まだ半信半疑ですが。


だけど戸柱選手って、なんか”捕手らしい”。捕手なんで当たり前なんですが、下半身のしっかりした体つきとか、雰囲気とか、どっしり構えてくれてると落ち着く感じ。ミットをガッと出したところなんかね、黒羽根選手なんかだとすぐミット降ろしちゃったりして、不安定な感じがするんですが、戸柱選手はしばらくそこへ見せておく。そういうところも、見ているこっちも安心しますね。少なくとも、今年の新人とは思えないです。
そして、バットの方も、何気に勝負強い。打率がそれほど良いとは言えないけど(一般的な話。ベイのキャッチャーでは上出来の部類)、要所要所で打ってくれますね。
基本、無表情なのも、キャッチャーとしていいと思うし(だいたい、わちゃわちゃしちゃうピッチャーの多いチームなので)。


今は第2捕手は髙城選手ということになってますが、髙城選手だって今まで以上におしりに火がついたでしょう。基本、1週間に1回しか出られないってことがまず悔しいだろうし、だから出たときには、バッティングだって何だって、がんばろうとしているのが見えますよね。ベンチでも良くメモをとって勉強してます。


嶺井選手はどうしたかな、はちょっと気になってるところですが。

人気投票のボタンになっています。よろしかったらポチっと押してくださいませ。
  ↓↓↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


 ※ イラストを転載する場合には、教えていただけるとありがたいです。
    また仕事の都合上、コメントをいただいても1週間ほどお返事できない場合があります。ご了承ください。

2016年4月13日 (水)

<あさが来た>勝手に一言集8

これが最終回となります。雁うめで始めて雁うめで終わる。私らしい。



ざっと「あさが来た」全体を見直して描いてみて気づくのは、言葉がない場面に心に残るいい場面が多かったこと。
 もちろん、番頭さんを陰ながら見つめる数々のうめ。
 畑を耕す山王寺屋のお父ちゃんと今井のお父様が離れた場所からお互いに会釈するところ。
 はつを見る数々の惣兵衛。
 お父ちゃんの帳簿を見る松造。
 加野屋が両替屋ではなくなると決まった頃の雁助。
などなど...。


スピンオフのコマーシャル(プレマップ)を見ました。亀助が主役だけど、ふゆのお父ちゃん役を買って出てる雁助が活き活きとしていて、嬉しい。こういうのが、雁助役の山内さんが多く演じる役なんだろうと思います。楽しみ楽しみ。



                  41



  42



                  43



 44



                 45



  46

人気投票のボタンになっています。よろしかったらポチっと押してくださいませ。
  ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 ※ イラストを転載する場合には、教えていただけるとありがたいです。
    また仕事の都合上、コメントをいただいても1週間ほどお返事できない場合があります。ご了承ください。

2016年4月12日 (火)

<あさが来た>勝手に一言集7

世間さまはすっかり「とと姉ちゃん」になってしまったのかな?
私は最後までマイペースですっ。





  36



                  37



  38



                  39



  40


人気投票のボタンになっています。よろしかったらポチっと押してくださいませ。
  ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 ※ イラストを転載する場合には、教えていただけるとありがたいです。
    また仕事の都合上、コメントをいただいても1週間ほどお返事できない場合があります。ご了承ください。

2016年4月11日 (月)

<あさが来た>勝手に一言集6

「あさが来た」が終わって、一週間以上たったんですね。友近さんが”あさロス”だと聞いて、ちょっと嬉しい気がしました。

オンデマンドで最初から見ている「あさが来た」。今朝見たのは、正吉さんが旅立つ回でした。近藤正臣さん、年をとってから、本当にいい役者さんになったなあと思います。昨日の「真田丸」では、障害越えのジャンプしてましたね。




                  29



  30



                  31



  32



                  33



  34
    ↑言ってない。(^^;




                  35
                      ↑だからこれも言ってない。(^^;;;


人気投票のボタンになっています。よろしかったらポチっと押してくださいませ。
  ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 ※ イラストを転載する場合には、教えていただけるとありがたいです。
    また仕事の都合上、コメントをいただいても1週間ほどお返事できない場合があります。ご了承ください。

2016年4月 3日 (日)

<あさが来た>勝手に一言集5

「あさが来た」とうとう終わってしまいました。
私の大好きだった雁うめにも、まさかのエピローグがありましたね。これまで、

 雁助「一緒に出て行こう」 → うめ「おあさ様のおそばに」
 うめ「どこにも行かないで」 → 雁助「伊予へ」
 雁助 抱きしめる → うめ 自ら身を引く

と、すれ違いだったふたりが、時を経てようやく、手紙のやりとりをしようということでは、初めて素直に双方とも受け入れることができたな、と思いました。


私はどうしてもふたりには一緒の時を過ごしてほしかったので、手紙のやりとりに落ち着いたのは不満だったのですが、前の抱擁から続けて見ると、抱擁で終わっていたら哀しいだけだったけど、最後に静かな場面が加わったことで、落ち着いてドラマの終わりを受け入れることができたかなと、今は思います。
ふたりが自分の気持ちをはっきり自覚したのは、あの、ふゆとあさが途中で乱入してきた場面だと、私は思っていますが、ふたりは夫婦という関係にはなれなかったけど、夫婦以上の心の結びつきがあったと信じたい。


ふたりで笑顔の場面を並べて見ていたら、ドラマには出てこなくても、きっとこういうときもたくさんあっただろう、と思えて、少しほっとしました。感覚的にですが、ふたりは加野屋で20年くらい一緒にいたと思うので、悲しい場面ばかりを見て泣きますが、楽しいことも、もっとたくさんあったに違いないですね。


人生に”たられば”はありませんが、ラブラブなふたりもまた見てみたいと思います。




それでは、一言集。なんと今回は雁うめがありません....。(@_@;)



  24



                  25



   26
      ↑ 念のため。ふゆのお父ちゃんです。



                  27



   28


人気投票のボタンになっています。よろしかったらポチっと押してくださいませ。
  ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 ※ イラストを転載する場合には、教えていただけるとありがたいです。
    また仕事の都合上、コメントをいただいても1週間ほどお返事できない場合があります。ご了承ください。

2016年4月 1日 (金)

<あさが来た>勝手に一言集4

今回は雁助さん百面相な感じですね。




                  17_2



  18



                  19



  20



                  21



  22



                  23





人気投票のボタンになっています。よろしかったらポチっと押してくださいませ。
  ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 ※ イラストを転載する場合には、教えていただけるとありがたいです。
    また仕事の都合上、コメントをいただいても1週間ほどお返事できない場合があります。ご了承ください。

«<あさが来た>勝手に一言集3

フォト

『蒙御免(ごめんこ.うむる)の御免こうむる』分館


-天気予報コム-

今日のハマスタの天気は?

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

相撲ブログ村

  • 相撲ブログ村
無料ブログはココログ