« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月26日 (日)

嘉風

今日は、尾車部屋嘉風 です。



Photo


上背がないので小兵ということになるのでしょうが、からだが固太りな感じで、手足もしっかりしているので、見た目の安定感があります。
取り口も、一応押し相撲ということになっていますが、いろいろやるタイプで、すばらしい動きで相手を圧倒するかと思えば、全く何をしにきたのかというような、あっけない相撲で負ける場合もあり、その日取ってみないと、どういう結果になるか分からないという面白さがある人ですね。
なんとなく、ずっと幕内にいます。

見た目が童顔でかわいらしいのですが、気持ちの強いところのある人で、非常に印象的だったのは、取組中に横綱だった朝青龍の顔を張るかなにかして、取組後に朝青龍がずーっと嘉風を睨みつけていたことがありました。”ヘビに睨まれたカエル”とは正にこのことで、嘉風は下がるまでじっと下を見て、一切目線をあげませんでした。後でコメントが紹介され、「怖くて横綱のほうを見られなかった」と言っていたそうです。

昔、貴闘力などもよくやりましたが、横綱の顔を張るというのは賛否両論ですね。やってはいけないことではありませんが、もっと大昔には、そんなことを考えることもできないほど、番付上位の権威や空気というものがあったのでしょう。私は絶対反対ではないけれど、頻繁にやるべきことでもなく、ここぞというときの一発であればよいのではと思っています。やるならば、やるほうも命を賭けるくらいの覚悟でやれ、ということです。
嘉風の場合は、上位になかなか勝てない小兵力士が何とか勝ちたいと思って必死で相撲をとった結果ということで、私は問題ないと思いました。


   *****
貴乃花親方が大阪場所部長に就任し、奔走しているようですね。
私は画面から伝わってくる限り、この人は横綱としても人としてもあまり好感を持っていないのですが、その志やよし。親方になってから、「子どもたちにもっと相撲の良さを知ってもらいたい」ということを常々口にしており、今回の「大阪場所をたくさんの人に生で見てほしい」という動機による行動も含め、新しいことのできる人であろうことは認めますし、その方面のことは応援したいです。

以前から感じていましたが、野球を見るようになってから尚のこと、大相撲はもっともっと子どもたちへの普及活動とファンへのサービスが必要だと思います。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村



 ※ イラストを転載する場合には、教えていただけるとありがたいです。
    また仕事の都合上、コメントをいただいても1週間ほどお返事できない場合があります。ご了承ください。

2012年2月24日 (金)

われら、ベイレンジャー!

熱いぜ戦隊 ベイレンジャー、ただいま調整中!?


Photo_4


ゴレンジャーと同じく「アカ」がリーダーのはずなんだけど、ベイレンジャーはどうしても「キ」が真ん中にきちゃう。

敵の組織 ”タキュ・ウダン” にはまだあんまり勝てないけど、長年耐え忍んでくれたファンのため、今日も朝から特訓だ!!

頼むぞ、ベイレンジャー!! (だいじょうぶかなあ)

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村



(検索用ワード ベイスターズ/石川/三浦/森本/渡辺直人/ラミレス)


 ※ イラストを転載する場合には、教えていただけるとありがたいです。
    また仕事の都合上、コメントをいただいても1週間ほどお返事できない場合があります。ご了承ください。

2012年2月16日 (木)

小林太

今日は、ベイスターズ小林太志投手です。



Photo



なんだか、2軍に行ってしまいましたね...
この人は、私が応援している金城選手と一緒にお立ち台に立ったので、よく覚えています。昨年6月29日。なんと2年ぶりの勝ち星だったとか。

結局昨年は4勝3敗。幕下ならぎりぎり勝ち越しですが、単純に勝ち負けだけ見ると、先発投手で昨年ベイスターズで勝ち越しているのは、他には加賀投手の同じく4勝3敗だけなんですね。それだけを引き合いに出してもどうということはないのかもしれませんが、でも、ん~~ですねえ。

勝っても負けても、「ふーん。ああ、そう。」という表情のイメージ(私だけかもしれませんが)で、「がむしゃら」という言葉が似合わないタイプに見えますが、今年のチームカラーの中ではどうなのでしょうか。あまり合わなそう??
でも、丈夫そうな体つきだし、ローテーションに入ってもらわないと困りますよね。早く上がってきてください。


   *****
今日はGAORAで、日ハムとの練習試合の中継がありますね。中畑監督は誰を使ってくるのか、何をしかけてくるのか、非常に楽しみです。昨年は個人的に金城選手が出るかどうか、何かやってくれるか、だけに感じていたワクワク感が、今年は確かにありますね!

それにしても、GAORAでは日ハムや阪神のキャンプの様子を中継で放送していますが、ベイスターズにも是非こういう番組ほしいですね~ DeNAだとやっても携帯で動画配信なんてことになりそうですが、私は携帯をネットに繋いでいないので、個人的には是非パソコンでみられるようにしてほしいです。今の、選手インタビューはモバイルで!にも、クヤシイ思いをしているので...

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村



 ※ イラストを転載する場合には、教えていただけるとありがたいです。
    また仕事の都合上、コメントをいただいても1週間ほどお返事できない場合があります。ご了承ください。

2012年2月14日 (火)

黒海

今日は、追手風部屋 黒海 です。

Photo


グルジアの出身で、祖国では紛争の際に命からがら家族で逃げるなど、とても苦労があったそうです。家族を楽にしてあげたいという思いで、日本に来ている外国出身力士のひとりでしょう。こういう人に、私も含めて今の日本で育った者はかなわないと思います。

力も強く出世も早くて、幕内で活躍。ヒゲが濃いので、ゲン担ぎに剃らないでいると、すぐにあごから耳までまっくろになってしまって山賊のようになり、親方衆からその度苦言を呈されていたらしいのが印象深いです。

ここ2年くらいは病気があるらしく、体も小さくなり、元気がありません。あまりラクして相撲をとるタイプではないと思っていたのですが、日本相撲協会のHPによると、最近6場所の決まり手で一番多いのがはたき込みだそうで、元気がない故かもしれません。淋しい限りです。

また先場所は、11日目で膝をケガしてしまい、その後も休まずに出てきていましたが、蹲踞も満足にできないような状態で全く相撲にならず、さらに悪くしてしまうのではないかと心配していたところ、奇跡的に千秋楽に白星をあげ、なんとか7-8で止めました。(勝ち越す可能性に賭けて出ていたのでしょうが、相手も気の毒に見えましたし、十両上位で既に6勝していたので、休むべきだったと思いました。)
今年30歳という節目の年ですが、なんとか元気になって暴れてもらいたいです。


   *****
元久島海の田子ノ浦親方が昨日亡くなりました。46歳という若さでした。私が一番好きだった力士・北天佑の二十山親方も、亡くなったのは45歳でした。強い力士になっていい相撲を見せてくださるのは、私たち相撲ファンにはこの上ない喜びですが、力士の皆さんにはどうか健康でいてほしいと願うのは、矛盾したことなのでしょうかね...


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村



 ※ イラストを転載する場合には、教えていただけるとありがたいです。
    また仕事の都合上、コメントをいただいても1週間ほどお返事できない場合があります。ご了承ください。

2012年2月11日 (土)

栃ノ心

今日は、春日野部屋 栃ノ心 です。


Photo



顔つきが、まさにピカソの絵から出てきたようです。
魅力は、この下半身の太さ、どっしり感。相撲も非常に安定感があり、それを本人がよく分かっているのか、この人は変な相撲をとりません。師匠も厳しいので、そのあたりの指導も行き届いているのでしょう。

まだ三役で勝ち越したことがありませんが、もう幕内中位以下では大勝する実力。上位にまとめて勝った場所もありますし、24歳とまだ若いので、これからまだまだ期待の大きな力士です。
2011年初場所と11月場所に前頭2枚目で大負けしてしまったのが残念ですが、今年初場所は9枚目で10勝しているので、3月に幕内上位で勝ち越し、次の5月に三役で初の勝ち越しを狙いましょう!

2008年5月に琴欧洲が優勝した場所後には、間違えられて「おめでとう!」と随分言われたそうですが、今年は自分の顔と名前がもっと認知されるような活躍を期待しています。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村



 ※ イラストを転載する場合には、教えていただけるとありがたいです。
    また仕事の都合上、コメントをいただいても1週間ほどお返事できない場合があります。ご了承ください。

2012年2月 8日 (水)

篠原

今日は、ベイスターズ篠原投手です。


Photo_2


なんだか好きな選手のひとりです。前監督の唯一の成果なんて言われていますね。
何しろ昨年はたくさん登板機会がありました。私が試合を見始めたころ、「この人、毎日出てくる」と思っていた江尻投手よりも登板試合数が多いのですから(投球数は少ないかもしれませんが)、年齢的にも調子の維持がさぞ大変だったろうと思います。

試合中は渋い表情に見えますが、帽子を脱いだほうが若々しいですね。性格的にも明るく、肝が据わっているということなので、いるだけで若手の見本になるタイプのようにお見受けしました。

昨年の疲れが残っていないとよいのですが、今年は若手の台頭で少しラクになることをチームのためには願いつつ、ここぞというところでピシッと締めるピッチングを期待しています。


   *****
ブログの端に、「人気記事ランキング」というのを掲載しています。私のようなもののブログをたくさんの方が見てくださり、本当に感謝いたします。
前回、石川選手のページをアップしたのですが、たった2日で、それまで1位だった加賀投手のページの1.5倍の方がアクセスしてくださいました。改めて、石川選手の注目度の高さに驚いています。
靴ずれだのキャプテンだのY6だのと話題も尽きませんが、注目されていることをしっかり意識してもらって、チームのために力を発揮してほしいと思います。


にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村 

 ※ イラストを転載する場合には、教えていただけるとありがたいです。
    また仕事の都合上、コメントをいただいても1週間ほどお返事できない場合があります。ご了承ください。

2012年2月 4日 (土)

石川

今日は、ベイスターズ石川選手です。


Photo




あまり感情が表に出ない人なので、ご本人はこんな顔はしないでしょうが、昨年のイメージはこんな感じですね... 新しいユニフォームを着せてみましたが...
ファインプレーもあったし、決して1年を通して打てなかったわけでもないのですがね。

私がまだ数試合しか見ていなかったおととし、夏頃は1番内川がヒットで累に出て、2番石川がバントなりヒットなりで回し、3番(誰だったか?? ハーパー?)がまた打つ、という感じで、この石川という選手はずいぶん器用だけど...と思って調べたら、とても若かったので驚いた記憶があります。

それが昨年は、まさに「精彩を欠いていた」ということのお手本のようになっていました。表情も、これだけ違うかなあと思うほど変わりましたね。ベイスターズを代表するイケメンのはずが、とてもそうは見えませんでした。
村田選手が昨年のファン感トークショーで、「石川は練習やキャンプではすごい努力をしているんだけど、シーズンが始まって数字やなんかがちらついてくると、固くなってしまう」というようなことを言っていましたね。若さゆえなのでしょうか。

良くも悪くも、今年は熱血漢がトップに来ましたから、その熱さを少し分けてもらって、結果を出してほしいです。
心配なのは、熱血漢に対してまず一番にシラけてしまいそうなタイプに見えること。シラけている場合じゃないです。先輩荒波や渡辺選手と走り回ってくれることを期待します。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村



 ※ イラストを転載する場合には、教えていただけるとありがたいです。
    また仕事の都合上、コメントをいただいても1週間ほどお返事できない場合があります。ご了承ください。

2012年2月 3日 (金)

元大徹・湊川親方

今日は、二所ノ関部屋 元大徹・湊川親方です。

Photo



向正面下で美しい銀髪を輝かせて審判をしている元大徹湊川親方、目を引きますねえ。

現役時代の
大徹は、私のイメージでは緑のまわしで、顔同様、胴も長く、時代劇の用心棒の”先生”(でも人がよく、めっぽう弱い)のような風貌で、特に強かった印象もありませんが、記憶に残っている力士です。体型は今の琴欧洲に似ている気がします。
ずいぶん前の力士のような気がしていましたが、現役期間を調べたら、思ったよりかなり最近だったのでびっくりしました。千代の富士とも対戦しているんですよね。
確かデーモン閣下が大徹のことが大好きでしたね。

現役中、一度も休場がなかったということは、体が丈夫だったのでしょうね。
無理に大きくなる弊害か、割と早くこの世を去ってしまう方が多い相撲界ですが、いつまでも銀髪をなびかせていてほしいと思います。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村




 ※ イラストを転載する場合には、教えていただけるとありがたいです。
    また仕事の都合上、コメントをいただいても1週間ほどお返事できない場合があります。ご了承ください。


2012年2月 2日 (木)

松鳳山 & 北の湖再選について

今日は 松ヶ根部屋松鳳山です。

Photo


私などは、呼び慣れているのでまだ松谷と呼んでしまいますが、最近幕に入ってきた力士で、こんなに見た目のインパクトがある人は他にいないと思います。

初場所で、デーモン閣下とやくみつる氏がゲストで来ていた際に、「土俵上と支度部屋では、全く顔つきが違います」と紹介されていましたが、まあ土俵上での目つきの怖いこと。さらに「南海の黒豹」と呼ばれた元大関・若嶋津の松ヶ根親方譲りなのか、褐色の肌は黒ビカり。それでズンズン前に出るのですから、機関車みたいでホント怖いですよねえ。

でも私は、この人の突き押しは威力があって、魅了的だと感じています。重くて速い。琴奨菊の相撲はあまりすごい!と感じたことがないのですが、この人の相撲を見た後で、ため息が出ることは何度もありました。
突き押し相撲は特に基礎反復というような辛い稽古が必要なのではないかと思いますが、耐えて耐えて、上位に食い込んでいってほしいです。


  *****
昨日、少し書こうと思って書き忘れましたが、理事長が北の湖親方に決まりました。
現役の頃から、見た目と違って細やかな神経の持ち主であるとか、やさしい人柄だとかいうことが伝わってきていたので、初めて理事長に選ばれたときには、もっときちんとやれる人かと思っていました。が、その後の不祥事に対する発言・行動を報道を通して見聞きする限り、問題把握能力の乏しさ・対応の遅さ・情報開示の不十分さなど、全く満足できるものではなく(もちろん、理事長ひとりのことではなく、理事会全体がそういうことだったということですが)、責任をとって辞任ということになった後でも、すぐに復帰するようなことを語っていたりと、本当にがっかりさせられました。
それが、史上初の理事長再選とは、大変驚いています。

メンツを見る限り、今の理事会には、大横綱・北の湖に楯突くことのできる年齢・現役時代の地位をもつ親方がいません。(多くの方が指摘されているように、このように現役時代の番付だけがものをいう風習がそもそもおかしいのですが。)
一番大事な問題のひとつである親方株の問題が、北の湖理事長のもとで、正常な方向へ向かっていくのかは、私には甚だ疑問です。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村



 ※ イラストを転載する場合には、教えていただけるとありがたいです。
    また仕事の都合上、コメントをいただいても1週間ほどお返事できない場合があります。ご了承ください。

2012年2月 1日 (水)

栃乃若

今日は、春日野部屋栃乃若です。



Photo


この人の立ち姿のイメージは、まさにこれですね。かわ○そくん。
前々回描いたベイスターズの筒香もカブるのですが、若さゆえの表情の乏しさも手伝って、突っ立っていると、まるで ”でくのぼう”。
しかし、仕事をさせた(土俵に上げた・打席に立たせた)途端に、スケールの大きさぶりを発揮するのです。

師匠が、自分の現役時代のしこ名と同じ読みの名前を与えたのが、まだ幕下時代。私はこの人の相撲ぶりをあまり知らなかったので、正直驚きました。
しかし今、幕に上がってきてからの「強い!!」と思わせる豪快な相撲を見ていると、師匠の目の確かさにうならせられます。
初場所は、自己最高位ながら8-7で勝ち越しですからね、次は三役の可能性もあります。まだ詰めの甘さなど課題はたくさんありますが、ひとつひとつを克服してきたら、体もありますし、上位にとっても非常に怖い存在になることは確かです。
是非大関・横綱に上がってもらいたい、上がることのできる力士のひとりです。




 ※ イラストを転載する場合には、教えていただけるとありがたいです。
    また仕事の都合上、コメントをいただいても1週間ほどお返事できない場合があります。ご了承ください。


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

フォト

『蒙御免(ごめんこ.うむる)の御免こうむる』分館


-天気予報コム-

今日のハマスタの天気は?

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

相撲ブログ村

  • 相撲ブログ村
無料ブログはココログ