« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月25日 (金)

藤田

今日は、ベイスターズ藤田選手 です。




Photo


ベイファン疑問の起用代表。
守備は本当に見ていて安心感があるなあと思います。二塁でもショートでもサードでもナイスプレー連発で、見ているこちらも内野に藤田選手の姿があるとホッとしますから、ピッチャーにとっては、どれほど心強いでしょう。

でも、スタメン起用が少ないんですよねえ。
ド素人の私の感覚ではありますが、昨年は3割を超えているわりには、要所で打ってないような印象がありました。今年は打率はやっと2割を超えたところ。さらに打てないイメージになっています。
他に打てないのに出てる選手もいると思いますが、たぶん藤田選手は年齢的に 「育てるためにがまんして使う」 という枠には入らないからなのでしょう。

それでもやっぱり、守備というのはないがしろにしてほしくないなあと思います。
点のとれないベイスターズだからこそ、相手にも点をやらないということは、非常に大事だと思うのですが...

早く渡辺選手に復帰してもらって、1度は実現した 「藤田ー渡辺 二遊間」 をまた見たいと思っています。


   *****
交流戦が始まって、久々に金城選手がスタメンで出場しました。
この頃、代打起用が当たり前になっていたので、うれしい限りです。(もっとも、2試合続けては出してもらえないのですね。)
「代打の切り札」 と言われるのもよいのですが、やはり私は守備も見たいので、投手交代のための1打席限りの出場というのは、残念です。
特に、まだ中盤の何もないときにポッと出されるのは、とてももったいない気がします。

もっとも、こんなことを思っているのは部外者だけで、ご本人はどんな状況でも準備をして待っているという人です。そういう金城選手を変わらず、応援したいと思います。

 人気投票のボタンになっています。よろしかったらポチっと押してくださいませ。
  ↓↓↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


 ※ イラストを転載する場合には、教えていただけるとありがたいです。
    また仕事の都合上、コメントをいただいても1週間ほどお返事できない場合があります。ご了承ください。

2012年5月22日 (火)

藤江

今回は、ベイスターズ藤江投手 です。


Photo_2


般若顔ですね。牙があるところもまさに。

この頃、マウンド上でもうっすら笑顔?というような表情に見えます。調子が上がってきて、楽しくてしょうがないのでしょうか。頼もしいですね~

先日の巨人戦で、もう選手がいなくなって打席に入ったときにも、実に嬉しそうでした。昨年も入ったことがあるようですが、私は藤江投手の打席は、初めてみました。「ねばれ」という指示だったそうですが、大きなファールを打ったり、いけいけ場面だったこともあって、見ているこちらも楽しめました。

ものおじしない、くよくよしない、陽気である、抑えって、こういう人がいいのでは? 昨年から、ゲーム終盤に藤江投手が出てくると、もう大丈夫、というすごい安心感があります。体は決して大きくないけれど、体の軸がしっかりしていて、丈夫そうです。
昨年もずいぶん登板機会がありましたが、まだ若いので、今年もお願いします!

 人気投票のボタンになっています。よろしかったらポチっと押してくださいませ。
  ↓↓↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


 ※ イラストを転載する場合には、教えていただけるとありがたいです。
    また仕事の都合上、コメントをいただいても1週間ほどお返事できない場合があります。ご了承ください。

旭天鵬

今日は、友綱部屋旭天鵬 です。



Photo


幕内最高優勝、おめでとうございます。失礼ながら驚きましたが、本当によかったと思います。

旭鷲山と並んで、モンゴル力士のパイオニアと言われますが、その盟友旭鷲山はとっくに引退していますね。旭天鵬は入門時から背も高く懐も深く、今まで大きなケガがないことが、長年幕内力士を務めてこられた理由だと言われています。左足の足袋はとれませんが、あとはとてもきれいな体で土俵にあがっています。

体の特徴としては、とても足が長いこと。腰高といって、日本の武道では決して利点ではないのですが、旭天鵬の場合は、あまりこれが害になっていないように思います。
現役の幕内では、腰高なのは他に稀勢の里ですね。もう辞めてしまいましたが、普天王なども随分腰高でした。

栃煌山との優勝決定戦で勝って、涙涙で戻った花道の先には、やはり涙涙の後輩たち。一番感動していたのは旭日松でしょうかね。皆から慕われているであろうことが本当によくわかる光景でした。
支度部屋では前・大島親方との対面もあったようですね。さぞや喜んでいたことでしょう。是非見たかったです。

余談ですが、大島親方が定年退職するというニュースを聞いたとき、大ベテランで、しかも日本国籍を取得している旭天鵬を引退させて部屋を継がせるのでは?と危惧していました。(私は、まだ相撲を取ることのできる力士を、部屋存続のためだけに無理に引退させるということには反対です。) 聞くところによると、実際旭天鵬本人はそうすることを考えたそうですが、さすが、元・旭國の大島親方はそれをしませんでした。
無理に部屋を継がずに今まで相撲をとっていてくれて、本当によかったと思いました。

これからも、まだまだ関取として活躍してほしいと思います。


   *****
さて、栃煌山が決定戦まで残りました。本割不戦勝で残ったとはいえ、今場所の栃煌山は攻める姿勢があって、とてもよかったと思います。まだ若いのですから、これから何度も優勝を狙ってもらわなくては困りますよ。期待してます。

妙義龍・松鳳山、両者とも9-6で勝ち越し。妙義龍は技能賞。
高安は負け越してしまいましたが、後半、随所にいい相撲をとりました。

若い力士が元気だと、おもしろい。大関陣はかなり厳しい声を受けているようですが、その分楽しみな力士も多いということで、皆で切磋琢磨してくれるでしょう。
こういうことの積み重ねが、人気にもつながるのだと思います。

 人気投票のボタンになっています。よろしかったらポチっと押してくださいませ。
  ↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


 ※ イラストを転載する場合には、教えていただけるとありがたいです。
    また仕事の都合上、コメントをいただいても1週間ほどお返事できない場合があります。ご了承ください。

2012年5月18日 (金)

臥牙丸

今日は、木瀬部屋臥牙丸 です。


Photo


把瑠都とともに、愛すべきキャラクターです。厳しい環境の中で、必要にかられて日本語が非常にうまくなる外国出身力士の中では、ちょっと???ですが、殊勲インタビューなどでは、汗だらだらで息を切らしながらもとにかくよくしゃべって、一生懸命さと嬉しさとが実によく伝わってきます。

幕内最重量のからだで、それこそ把瑠都にも押し勝ったこともあり、なんとなくコミカルな動きとともに、毎場所応援したくなります。
相撲としては大雑把で詰めが甘く、負けるときは負けるべくして負けるのですが、あまり神経質にならず、大きな相撲を取ってくれたほうが、個性的でおもしろいと思います。
でも、それでは大成しないので、勉強しながら個性もつぶさず、でがんばってほしいです。


  *****
先日、本場所観戦に行ってきました。お昼頃から入って、本場所の雰囲気を満喫してきました。
毎回思うのですが、テレビ観戦との一番の違いは、力士が自分の体をパンパンと叩いたり、立合いで当たったりする音がとてもよく響くことと、行司さんの装束が、実に美しく輝いていることですね。

テレビと違い、解説もビデオで振り返ることもなく、淡々と同じテンポで進んでいく取組を、今回久しぶりだったせいか、非常に新鮮に感じました。どこをとったとか、返したとか、この力士の得意技は何かとか、支度部屋の様子がどうだったとか、そんなこと分からなくても、目の前で次々とお相撲さんが組み合って、勝ったり負けたりして一方通行で時間が過ぎていく、貴重な時間を過ごせたと思いました。


 人気投票のボタンになっています。よろしかったらポチっと押してくださいませ。
  ↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


 ※ イラストを転載する場合には、教えていただけるとありがたいです。
    また仕事の都合上、コメントをいただいても1週間ほどお返事できない場合があります。ご了承ください。

2012年5月12日 (土)

荒波

今日は、ベイスターズ荒波選手 です。



Photo


モデルは”佐川急便”です。(^^;
すごいですね。毎日、塁に出る出る。クリーンナップが淋しくなってきたなと思っても、この人だけ打ちまくる。
外野でも、ラミレスの穴を埋めようと、必死に走る。壊れてしまわないか、心配なほどです。

去年終盤、1軍に出てきたころはあまりいい感じを持ちませんでした。目つきが怖かったせいですかね... 後はガムをくちゃくちゃ噛む口元とか。野球と関係ないですね。

でも、走る姿は魅力的でした。ベイスターズというチームにあまりそういうイメージがなかったので。
今季始めは梶谷選手に持っていかれてしまった感じでしたが、ここにきて、猛アピールです。梶谷選手のときにも書きましたが、走ることのできる人が塁に出ると、わくわくしますね。
センターは当分確定でしょうね。元気になって戻ってきた梶谷選手との1・2番は、無理でしょうか。
負けがこんでいるときには、あまり動くことのない野球になってしまっていましたが、筒香選手復帰からまた活気が戻ってきましたから、ガンガン足を使ってほしいです。


   *****
いやー、番長 残念! ノーヒット・ノーラン達成してほしかった。38才で初アプローチだったんですね。本当に残念。
でも、38才がひとりで9回投げて、1失点でチームは勝ち。若いピッチャーたちに何かを感じさせたでしょうね。

 人気投票のボタンになっています。よろしかったらポチっと押してくださいませ。
  ↓↓↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村



 ※ イラストを転載する場合には、教えていただけるとありがたいです。
    また仕事の都合上、コメントをいただいても1週間ほどお返事できない場合があります。ご了承ください。

2012年5月11日 (金)

妙義龍

今日は、境川部屋妙義龍 です。



Photo_2


いやー、昨日はいい相撲を取りました! 当たりの角度、スピード、力、どれをとっても素晴らしかった。その数番後に琴欧洲に勝った安美錦も、この当たりが絶妙でした。
たまたま、先場所の 稀勢の里-妙義龍 戦を録画しており、改めて見てみましたら、初顔だったそうですが、今場所の当たりとは全く違って、稀勢の里にスピードも力も負けて、その後の突きも効かず、押し出しであっけなく負けています。

今場所の体の色・ツヤ・ハリも素晴らしい。まだ付け出しデビューから3年で、この貫禄。豪栄道とは埼玉栄の同級生だそうですが、私は妙義龍のほうに遥かに魅力を感じます。
今日は日馬富士戦。私的には大変な好取組です。現在、星の上では黒星先行ですが、日馬富士が本調子ではないこともあり、私は妙義龍有利と見ます。



  *****
昨日は負けてしまいましたが、栃煌山が絶好調。悪いときは、土俵上でもたもたした感じがあるのですが、今場所は攻める姿勢が見えます。応援してますよ。

それにしても、本場所が野球シーズン中にあると、忙しい...

 人気投票のボタンになっています。よろしかったらポチっと押してくださいませ。
  ↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村



 ※ イラストを転載する場合には、教えていただけるとありがたいです。
    また仕事の都合上、コメントをいただいても1週間ほどお返事できない場合があります。ご了承ください。

2012年5月10日 (木)

安美錦

今日は、伊勢ヶ濱部屋安美錦 です。



Photo


福笑いにしたいお顔です。現在の”曲者”筆頭といったところでしょうか。
今場所もバッタバッタと、事もなげに1横綱・1大関を倒して、なおかつの涼しい顔。こも巻きのような右ひざのサポーターが痛々しいですが、騙し騙し取っているようです。でもこれだけうまい相撲を取られると、上位との対戦は常に楽しみです。同じように何をするかわからないと言われていても、いわゆる”ずるい”感じのする時天空や阿覧とは全く違います。

関取になった頃は、本名の名字が横綱・旭富士と同じで、しかも同郷だったので、すぐに親戚だと分かりましたが、何しろ細くて、いかにも大きくならなそうな体つきだったので、血筋だけでは大して出世もしないだろうと思っていました。
大きくなってきたのは、30才少し前くらいからでしょうか。未だに三役の常連で、一時は確か(当時)安馬が大関にあがった頃でしたか、大関を狙ってみたいようなことも言っていました。それだけの成績を残していたんですよね。

膝の具合は相対的にいいときはあっても、治らないものなのかもしれませんが、さらに傷めることなく、長く土俵にあがっていてほしいです。こういう ”うまい” ”古株の” 力士が幕内上位にいると、適度な壁となって、上にも下にも刺激を与えるので、面白くなります。
のらりくらりとした殊勲インタビューも、いつも楽しみです。


 人気投票のボタンになっています。よろしかったらポチっと押してくださいませ。
  ↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村



 ※ イラストを転載する場合には、教えていただけるとありがたいです。
    また仕事の都合上、コメントをいただいても1週間ほどお返事できない場合があります。ご了承ください。

2012年5月 5日 (土)

中畑

今日は、ベイスターズ中畑監督 です。



Photo



左がオープン戦の頃、右がシーズンに入って連敗中、という図。
連敗が続くとどんどん顔が変わっていくので、心配でした。負けの責任をとって、というよりは、心身がもたずに途中降板してしまうのでは?と思ったほどです。
中畑監督には、できるだけ左の顔でいてほしい、いさせてあげたい、と思うベイ・ファンは多いのではないでしょうか。

最初、監督を中畑氏に、という報道が流れたときは、正直大反対でした。上から下まで巨人の人だし、理知的な匂いを全く感じていなかったので(失礼!)、ベイスターズの監督はとても勤まらないと思いました。

でも、人間的に人を惹きつけるものって、あるんですね。一生懸命な姿に、だんだん応援したくなりました。シーズンが始まれば、こんなに負けがこんでも常に「私が悪いのです」と言って、選手の悪口を言わない。感情的に喜んだり落ち込んだりがあっても、冷静な目も意外と持ち合わせている。今の前の中日との3連戦のときに、初めて高木監督の勝利インタビューを聞きましたが、いかに中畑監督が周りのことを考えてしゃべっているかということが、却ってよく分かりました。

監督は、しばしば 「今日のことは忘れないでしょうね」 と言いますが、まだまだ今までのことは忘れてしまうほど、いろいろのことがあると思いますよ。ファンも見捨てませんので、がんばりましょう!

それにしても、昨日・今日と実に気持ちのいい試合展開でした! 監督も今日は左の顔でしょう。
筒香選手ひとりの加入でこんなに変わるものなんですね。本調子ではないのでしょうが、筒香選手はさすがのバッティングだし、中村・ラミレスも負けたくないという気持ちがマンマンですね。
そして、吉村選手。昨年も最初は調子がよかったようなので、この先は分かりませんが、調子があがっている間はスタメンで出していくでしょう。吉村選手の調子がいい間は金城選手は控えであろうことが、ちょっと残念ではありますが、まずはチームがなんとか勝っていくことが大事ですからね、急に厚く(熱く?)なったクリーンナップ、そしてベイファンの夢・渡辺-藤田の二遊間に明日も大きな期待です!! 

 人気投票のボタンになっています。よろしかったらポチっと押してくださいませ。
  ↓↓↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村



 ※ イラストを転載する場合には、教えていただけるとありがたいです。
    また仕事の都合上、コメントをいただいても1週間ほどお返事できない場合があります。ご了承ください。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

フォト

『蒙御免(ごめんこ.うむる)の御免こうむる』分館


-天気予報コム-

今日のハマスタの天気は?

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

相撲ブログ村

  • 相撲ブログ村
無料ブログはココログ