« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月27日 (火)

今期のベイを一言で

今期のベイスターズを見ていて、一番言いたかったこと、これに集約されるのではないでしょうか?



Photo


”そうじゃないだろ” とつっこみたくなることが、何と多かったことか。 
思えば、失礼ながらベイスターズの売却先がDeNAであったところから、”違うぜ!”でありました。そこから、球団名にモバゲーを入れるだの、監督人事だの、起用する選手だの、ピッチャーの変え時だの、トレードだの、途中入団の外国人助っ人だの、返金チケットだの、最近の契約更改に至るまで、”違うぜ!”の連続です。

前年に比べてもさらに負けてしまった1年を、DVDにまとめた自虐ネタの一環として、これ、タオルにして、売りませんかね?(^^;;;

ま、そんな中でも、プラスに考えられることもありました。何よりベイスターズがなくならなかったわけだし、DeNAが何とかお客さんに来てもらおうと、いろいろと知恵を絞ってくれたこと、中畑監督が思いのほかファン目線で物事を見てくれることなどは、よかったことだと思っています。
イベントでは、何度か行われたレジェンド対決がよかったですね。

来年は、是非前向きな一言でまとめさせていただきたいものです。

 人気投票のボタンになっています。よろしかったらポチっと押してくださいませ。
  ↓↓↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


 ※ イラストを転載する場合には、教えていただけるとありがたいです。
    また仕事の都合上、コメントをいただいても1週間ほどお返事できない場合があります。ご了承ください。

2012年11月26日 (月)

舛ノ山

今日は、千賀ノ浦部屋舛ノ山 です。

Photo


失礼ながら、幕に上がるまでこの人のことは全く意識していませんでした。色が白く、お大福のようにやわらかい体に見えます。

新入幕で11勝して、敢闘賞をもらったのですよね。
心臓に疾患があるということで、取組後に激しく息を切らしていることが多く、毎日、相撲が長引くとハラハラしてしまいます。さらに今場所は、左肩からひじにかけてテーピングをしており、取組が終わった後に、肩がはずれたかのように右腕で左腕を支えている様子も伺え、いろいろ心配です。
まだ22才と若いのですが、これまでも随分ケガと闘ってきたようですね。

心臓のことで、早い相撲を心がけているであろうことは、不幸中の幸いというか、良い方向だと思います。
無理をせず、というものおかしいですが、ケガがあってもなかなか休まないタイプだそうなので、何が自分にとって一番なのかを考えながら、これからも早い相撲を見せてほしいものです。


   *****
一年納めの場所、九州場所が終わりました。

妙義龍はどうしちゃったのかと思いますが、松鳳山は地元のせいもあって、いつのまにか大人気者になっていましたね。千秋楽に三賞インタビューを受けたときに初めて、表情が緩んで、ああ、支度部屋では全然表情が違うんですよ、と各アナウンサーが言うのは、こういうことだったのかなと思いました。
栃煌山は10勝しても三賞をもらえない意味を考えて、来年こそ飛躍の年にしてほしいです。

鶴竜が元気がなく、らしくない相撲が多かったのが、非常に残念。相撲のうまい人のはずが、今場所はひいたりはたいたりも多かったですね。頭のいい人なので、自分でも十分分かっているでしょうが。

十両で久々に栃乃若が復活しましたね。自分の相撲が分からなくなっていたのが、今場所は取り戻したようだということなので、十両で弱い者相手していないで、早くまた幕内上位まで上がってきてほしいと思います。

幕下では、佐田の海が上位でようやく勝ち越しました。私はお父さんの現役時代は記憶にないのですが、親方としてなら知っています。お父さんを彷彿とさせる外見なので、何だか気になる力士です。また佐田の富士と切磋琢磨してほしいですよ。

さて、日馬富士は...途中で集中力が切れてしまいましたね。今場所は昇進場所ですから、疲れも緊張も稽古不足もあったでしょう。足首を痛めていたとかなんとか、聞こえてきましたが、横綱としては、もうそういう言いわけは効きません(本人は痛いとかかゆいとか言っていないので、十分分かっているようですが)から、来場所、せめて千秋楽まで優勝争いしてくれることを期待しています。

 人気投票のボタンになっています。よろしかったらポチっと押してくださいませ。
  ↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


 ※ イラストを転載する場合には、教えていただけるとありがたいです。
    また仕事の都合上、コメントをいただいても1週間ほどお返事できない場合があります。ご了承ください。

2012年11月24日 (土)

内村

今日は、ベイスターズ内村選手 です。

Photo


ベイスターズ側からだと、今後必ず”藤田選手とトレードでやってきた選手”ということが付きまとうのでしょうが、それとは関係なく、本当に魅力的な選手に来てもらいました。
飛んだり跳ねたり、身のこなしが軽い軽い。あの体でプロを務めているということは、そういう瞬発力や筋力や判断力というところが相当のものなのでしょう。走るのも本当に早い。どうしても手足が、大きな人たちよりは短いために、早く動かさないと同じスピードで走れないわけなので、早く見えるのかとも思いましたが、実際にかなり早いですよね。

プロでの唯一のホームランが、楽天時代のランニングホームランだそうで、ベイスターズでも是非ランニングホームランが見たいと思います。

昨日のファンフェスタで、内村選手ともハイタッチさせてもらいましたが、選手はこちらへ乗り出してくれているせいもあって、内村選手とは目線がほとんど同じ高さに感じました。本当に小さいのですが、動きのいい選手というのは、見ていて気持ちがいいですね。同じく動きのいい渡辺選手との二遊間を、来年は是非たくさん見たいです。


   *****
そのファンフェスタですが、雨の中、8時半から待っていた自分も冷えましたが、選手や関係者のみなさんの、中止にせずに何とか少しでも喜んでもらいたいという気持ちがとても嬉しく、感謝しています。選手たち、風邪などひいていませんように。

少し難を言えば、元々の予告通りのイベントができたとしても、タレントさんはいらなかったかな、と思います。無理ないじりや発言の誘導はいりません。選手がゲームをしたりトークをしたりすることで、試合とはちょっと違う表情が十分出るのですから、あくまでも選手主役で。スタジアムDJの方が一番です。(タレントさんはもちろんお仕事を一生懸命やってくださったわけで、罪はありませんが。でも、キレイな女性タレントさんが誰のユニフォームを着ているか、なんてことに、興味ありませんので。)


   *****
で、そのファンフェスタで、宣伝で当日の神奈川新聞を配っていました。手にした方はもちろんスポーツ面をご覧になったでしょうが、細山田選手の契約更改の記事があり、コラムでもとりあげられていて、そこに高田GMの話が載っていたのですが...
「『選手にはフリーになる選択肢だってある。減額制限を超えるということはつまり、そういうこと。』 高田繁ゼネラルマネージャー(GM)は事実上の戦力外通告の意味合いが強いことを示唆した。」

これは、つまり金城選手にも当てはまるということでしょうか。
事実上の戦力外通告であれば、なぜ戦力外にしないのか、私には分かりません。もちろん、戦力外にされたら、ふたりとも、行くところはないかもしれません。温情?
細山田選手の場合は、何らかの理由で機会すらロクに与えてもらえなかった。金城選手の場合は(賛否両論ありましょうが)、では今年なぜあれだけ試合に出したのか。頼ったところがあったのではないのか。
何より、高田GMのこの発言では、来期、選手の能力を引き出してチームを勝ちに繋げる、という方向にいかないと思うのです。

うーん、前回書いたようなことで、私は自分の気持ちに区切りをつけたつもりだったのですが、今回の高田GMの冷たいコメントを読んで、なんだかイヤーな気持ちに戻ってしまいましたね...
前回書いたように私には本当は関係ないことだし、細山田選手にしても金城選手にしても、プロであれば来年、GMを見返してやるだけの活躍をすればいいことだというのは、分かっているのですが...
これで、渡辺選手なんかも事前の噂の通り、大幅減額なんてことになれば、もう球団は何を期待しているのか、分からなくなってしまいます。

 人気投票のボタンになっています。よろしかったらポチっと押してくださいませ。
  ↓↓↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


 ※ イラストを転載する場合には、教えていただけるとありがたいです。
    また仕事の都合上、コメントをいただいても1週間ほどお返事できない場合があります。ご了承ください。

2012年11月16日 (金)

山下大輔

今日は、ベイスターズ山下二軍監督 です。



Photo



私は大ちゃのかわいらしかった現役時代を知っています。こんなじゃなかった、こんなじゃあ...(^^;;;

横須賀のキャンプを見に行くと、今は山下バッテリーコーチを除いて、一軍首脳陣は皆奄美に行ってしまっているので、必然的にこの人のこの背中を見ることが多いのですが、まるで小さいラミちゃんです。やさしい目に、かすかに当時の面影を見ることができますかね...

主に、飛雄馬・渡邊雄 両選手のノックを引き受けているようですが、監督だって大変なはず。タフですね。肩で息をしているというようなことは、私が見ている限りではありませんでした。
先日は、森本選手や金城選手とよく話をしていました。バッティングに関してのアドバイスなのか、選手の方から相談でもしたのか分かりませんが、一軍・二軍関係なくコミュニケーションがとれているのは、いいことだなと思いました。元の一軍監督ですし、古い選手は話しやすいでしょうね。

この日は、選手のバッティングの様子をビデオで撮っていたようで、撮り終わると、数人集まって皆でパソコン画面を注視していましたが、中心には山下監督がいました。


   *****
他の方のブログにコメントをしましたが、金城選手が大幅減俸らしいというニュースがありました。今まで+出来高だったこともあり、このニュースを知る前は現状維持だと思っていましたので、少なからずショックでした。

私はいろいろな方のブログを読ませていただいていますが、こんな球団はやっぱりダメだ、移籍してくる選手との格差で雰囲気が悪くなる、金城も他のチームに移ったほうがいい、という、激しい論調のものもあったりして、先日私は暗い気持ちで、このニュースの後初めて横須賀へキャンプを見に行きました。

金城選手はいつもと変わらず、明るく元気に高い声を出して、がんばっていました。森本選手のおかげもあって、時には大きな笑い声もおこり、いい雰囲気でした。

同じく大幅減俸らしいとニュースが流れた細山田選手は、TVKニュースのベイスターズ・キャンプリポ-トで、高城選手と笑顔でがんばっている様子が何度も写されました。

少し前に私もイラストを描いた中日の小田捕手が、契約交渉時の球団の姿勢に怒り、急転直下のFA宣言か、というニュースもありました。曰く、「”お前が必要だ”という気持ちが感じられなかった。”来年、別におらんでもええじゃろ”ととれた。」 ということでした。

結局ベイスターズも、チームとしてどのような戦略があって、それをどのように選手に対して説明をしたのか、というところだと思います。契約について、ファンは何もできませんし、またある意味関係ないといえば、関係ありません。名前の出た選手が腐ることなく、来年も気分よく、のびのびプレーしてくれることを祈るばかりです。

 人気投票のボタンになっています。よろしかったらポチっと押してくださいませ。
  ↓↓↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


 ※ イラストを転載する場合には、教えていただけるとありがたいです。
    また仕事の都合上、コメントをいただいても1週間ほどお返事できない場合があります。ご了承ください。

2012年11月13日 (火)

常幸龍

今日は、木瀬部屋常幸龍 です。


Photo


昨日から、今日は常幸龍にしようと決めていたのですが、NHKの中入りでもインタビューが流れていましたね。新入幕とは思えない、地に足のついた受け答えでした。
出世が早いので、まだ大銀杏が結えずにいますが、体つきがしっかりしているので、これから稽古でもう少し大きくなると、さらに安定感が増すのかなと、楽しみにしている力士です。

しかし、今日は千代大龍の気迫に完敗でした。正面解説の舞の海さんから、かなり厳しいことを言われていましたね。昨日も、脇が甘いことを指摘されていました。この”脇が甘い”というのは、直していくのはなかなか難しいことのように思います。一昔前なら、稽古で脇が開く度に、師匠なり先輩力士なりに竹刀で叩かれたりして、体で覚えていったのではないかと思いますが、竹刀は禁止の今は(^^;; どのように覚えていくのでしょうか。

それにしても、千代大龍は細い目に関わらず、かなり気が強いですね。同学年の常幸龍に初めて番付を抜かれて、絶対に負けてなるものか、という気持ちだったのでしょう。次の対戦では、常幸龍のほうももっと強い気持ちで、相撲になるようにしてほしいものです。


   *****
幕内の時間、向正面の解説は元・垣添でしたね。雷に名跡変更していたのですね。
まだ髷のついた親方は皆初々しく、こちらも「本当にお疲れ様でした」という気持ちになります。初めての解説で少し緊張していた様子でしたが、とても聞きやすい話し方でした。今後も解説者として登場するようなので、楽しみにしたいと思います。


   *****
雅山が心配。ついていけない、踏ん張れない。
十両では、やはり高見盛が心配な星になってます。

 人気投票のボタンになっています。よろしかったらポチっと押してくださいませ。
  ↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


 ※ イラストを転載する場合には、教えていただけるとありがたいです。
    また仕事の都合上、コメントをいただいても1週間ほどお返事できない場合があります。ご了承ください。

2012年11月12日 (月)

千代の国

今日は、九重部屋千代の国 です。



Photo


ようやく、幕に戻ってきました。
決して大きな体ではありませんが、筋肉質のいい体つきで、下半身がしっかり安定しています。二枚目だけど気も強そうな面構えも、すごくいい。これはまた魅力的な力士が上がってきたと思っていたら、怪我で幕から落ちてしまいました。
しかし、復帰してすぐに十両優勝するところが、また素晴らしい。

今日は、髷で負けてしまいましたが、投げられても手をなかなかつかないで髷で負けるのは、足腰がいい力士の証のようなもので、すぐに思いだすのは若貴あたりでしょうか。(余談ですが、三代若乃花の足の筋肉はすごかったですね。最近、あんな足を見たことないです。)

筋肉質で怪我も多かった師匠から学ぶことは、たくさんあるでしょう。向上心が目に見えるような、こういう若手は、本当に楽しみです。まず今場所、勝ち越してほしいものです。


   *****
”こも巻き”安美錦 vs ”土偶” 稀勢の里 (以前のページ 「安美錦」 「稀勢の里」 を参照ください) はすごい組み合わせでしたね(見た目が)。今場所の稀勢の里の右目の腫れ方は尋常じゃない。昇進の行事に時間を取られて、あまり稽古のできなかった日馬富士が、場所前に連日稀勢の里のところへ通ったという映像が、何度か流れていますが、そんなこともあって、稀勢の里もかなりの稽古をしてきた結果かもしれませんね。
その目で、”ゴンッ!!”という音がテレビ観戦でもはっきり聞こえるくらい当たるのですから、見ているこちらが痛いくらいです。
これからは、稀勢の里の目の張れ具合で、場所前の稽古が充実していたかどうかの判断材料にしてもいいかもしれませんね。

通ってきていた日馬富士のほうは、ご存知の通り、今日早速土がついてしまいました。昇進場所は、どうしても稽古不足になるので、仕方ない気もします。まして、幕内最軽量を稽古稽古で上がってきた力士ですから、今日の隠岐の海のように、体もそこそこ大きく腕も長い人には、ちょっとのスキが命取りになってしまいますね。
まあ、これで少し気持ちを切り替えることができれば、早めに負けたことは、却ってよかったということになるのかもしれません。
土俵入りは、なかなかいいのではないでしょうか。丁寧に、間違えないように、ということかもしれませんが、白鵬よりもかなり時間をかけているのも、好感を持って見ています。(私は不知火は、所作に時間をかけたほうが合うような気がしています。)それにしても、土俵入りだけで、かなり消耗しそうではありますね。

松鳳山が連日の銀星。カド番だし、はっきり言ってあまり強さを感じなくなっている大関たちからとはいえ、たまたま勝ったという勝ち方ではありませんから、ここ数場所を見ても、確実に強くなってきているでしょう。
今場所は、妙義龍のふんばりの効かなさが、心配。徐々に調子を上げてきてくれるといいのですが。

 人気投票のボタンになっています。よろしかったらポチっと押してくださいませ。
  ↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


 ※ イラストを転載する場合には、教えていただけるとありがたいです。
    また仕事の都合上、コメントをいただいても1週間ほどお返事できない場合があります。ご了承ください。

2012年11月 2日 (金)

今回は、ベイスターズ林投手 です。

Photo


「青いターバンの少女」 ならぬ 「青いハチマキの男」 といったところでしょうか。(^^;
本家に劣らず、印象的な目つきをしています。目が悪いのかもしれませんが、焦点が定まらないような感じで、それが黒目を深く見せます。

戦力外になってベイスターズにやって来たにも関わらず、菊地投手とともにがんばってくれましたね。終盤は2軍に落ちていましたが、9月終わりにイースタンの試合を見に行ったら、確か抑えで出てきたのが林投手で、全く危なげがなく、2軍ではさすがの存在感でした。
(ちなみに、この日の先発は北方投手でしたが、パカパカ打たれて、まだまだ上にはあがれそうもないなあと感じました。捕手は細山田選手でした。2塁へ送球していましたが、肩が悪い様子ではありませんでした。)

秋季練習を見に行きましたが、林投手を見かけた記憶がない... 疲労でなければいいのですが。(もっとも私の視線は、ほぼ常に金城選手の一挙手一投足に向けられているので、目に入らなかっただけかもしれません。)
貴重な左腕の中継ぎとして、来年も大いに活躍していただきたいと思います。


   *****
その秋季練習ですが、3回ほど見に行きました。だいたいやることは決まっていて、基本的にベテランから若手の順でやっていくので、一番のベテラン組でいくと、
 アップ(全員) → グラウンドの端でトス・バッティング → バッティング・ゲージでバッティング(ピッチャーが左と右で1ゲージづつ) → バッティング・マシーンでバントの練習 → グラウンドの隅でキャッチボール → 内野守備練習 → グラウンド奥で、いろいろなパターンで走り込み → ブルペンで筋トレ・ストレッチ → 屋内?
となっていました。筋トレ・ストレッチはベテラン特別メニューかもしれません。またもちろん、これは野手の場合で、ピッチャー陣はアップの後は別メニューです。
怪我中の森本・内藤の両選手は、最初のアップから別メニューです。

だいたい、年齢別に3~4人ずつのグループになって一緒にこれらをやっています。フェニックス・リーグが終わった後で見に行った日は、
 チームおじさま=金城・後藤・小池・渡辺直
 チーム似た者同士=一輝・井出
 チーム本当なら中心メンバー=内村・山崎・筒香・石川・荒波・下園
 チーム捕手=黒羽根・高城
 チーム超若手=桑原・乙坂
という感じに分かれていました。(チーム名はもちろん私の勝手な命名、チーム本当なら中心メンバーは、ふたつに分かれていたかもですが、よく覚えていません...)
フェニックス・リーグ開催中は、2軍選手以外はチームおじさまがほぼ独占状態でしたが、上の4人に一輝選手が入ったり、後藤・小池の同級生コンビがふたりだけでチームを組んだときには、飛雄馬・渡邊雄の10代コンビを加えて、平均年齢を大幅に下げたり(^^;;していました。

それと、35才以上くらいの超ベテラン組は、キャンプ前は自己判断に任せられているのか、金城選手以外は見かけませんでした。(番長・藤井・中村・ラミレス・鶴岡あたりかな)
中村選手は、フェニックス後で見に行った日には、重役出勤で12時20分頃現れましたが。ラミレス選手は肘の手術を受けたんですね。

練習では試合と違って、選手がコーチからアドバイスを受けたり、選手同士が意見交換していたり、上下関係が見えたり(^^;、声を出しているのがよく聞こえたり、なんというか、人間的なものをより強く感じることができるところがおもしろいですね。

秋季キャンプが始まっても、チームおじさまはずっと横須賀にいると思いますので、まだ何度か見にいくつもりです。

 人気投票のボタンになっています。よろしかったらポチっと押してくださいませ。
  ↓↓↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


 ※ イラストを転載する場合には、教えていただけるとありがたいです。
    また仕事の都合上、コメントをいただいても1週間ほどお返事できない場合があります。ご了承ください。

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

フォト

『蒙御免(ごめんこ.うむる)の御免こうむる』分館


-天気予報コム-

今日のハマスタの天気は?

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

相撲ブログ村

  • 相撲ブログ村
無料ブログはココログ