« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月26日 (火)

選手名鑑

選手名鑑を買いました。
今年は、大判の日本スポーツ企画出版社のものにしました。大きいので、持って歩くのにはどうか?と思ったのですが、読み応えのありすぎる内容に、どうしてもこれをじっくり読みたい!と思ってしまいました。昨年はこの名鑑に気づかなかったのですが、持ち歩きを考慮して、始めから、大判のものは見なかったのかもしれません。しかし、一度これを読んでしまうと、他のものは、物足りなく思ってしまいそうですね...

そそくさと家へ帰り、もちろん、ベイスターズを真っ先に熟読。目が疲れました~ それにしても、やはりチーム評価は相当低いですが、これだけデータで示されると、反論の余地なし、といったところ。ま、あくまで過去(主に昨年)のデータであって、未来はこれから変えられる!と思って応援するのみ。

ところで、ベイスターズの選手の写真をまずつらつら~っと見ると、眼力に引かれたのが、筒香選手福田投手。おや、と思って、さらにもう一度見ると、荒波選手も昨年に比べてかなり引き締まった表情。こんな感じ (昨年 → 今年)


Photo


上から、筒香選手福田投手荒波選手 です。たかが1枚の写真だから、と言われてしまえばそれまでですが、それぞれ感じるものがありますよね。

筒香選手は、先日「すぽると!」に中畑監督・高木コーチが出演したときに、ビデオ出演でレギュラー奪取宣言だかなんだかをしたときに、「お、昨年のオフに比べて、顔も話ぶりもしっかりはっきりしている」と思ったのですが、そのまま名鑑の写真でも、意思の感じられる顔つきになっています。今年はバッティングフォームなどについて、あまり周りの話を聞かない、と宣言したそうですが、ある程度自分で”これならいける”という目星がないと、そういうことは言えないのではないかと思うので、今年は自分も手ごたえと自信が感じられているのでしょう。それが顔に出てきたということだと思いました。実際まだ1試合しか見ていない練習試合でも、よく振れているようだったので、方向性は間違っていないのでは? これは期待しますよね。怪我にだけは気をつけて、昨年のように開幕不在にならないように、お願いしたいです。

福田投手は、若く見えるので、私の中では北方投手と同じようなイメージがありますが、開幕直後に30才。もうあまり待ってはもらえないという崖っぷちを意識した顔でしょうか。

荒波選手は言わずもがな、去年出場試合数も守備も大躍進をとげましたね。ファン投票も1位、ゴールデングラブ賞もとり(昨年のベイスターズからの表彰者はこれだけか?? あ、高城選手がファームでとりましたね)、責任と自信を感じる顔になったのかなと思います。

他に気づいたのは、小杉投手と松本(啓二朗)選手の顔が少しふっくらしたかな?ということと、ベイスターズじゃないですが、吉村選手のところに 「秋季には複数の首脳陣がつきっきりで指導した」 と書いてあったことでしょうか。
どの選手にも、悔いのない1年になるように、力を出し切って、あるいはさらなる力をつけていってほしいです。


   *****
今日は韓国チーム、明日は広島との練習試合。また見られませんね。(TVKが、今日の夜のニュースでベイスターズのキャンプ情報をとりあげてくれるそうなので、少し見られるかもしれませんが。) 3月7日のソフトバンクとのオープン戦(もちろん、ソフトバンクがホーム)まで見られないようですね。あー、早く試合見たい。

 人気投票のボタンになっています。よろしかったらポチっと押してくださいませ。
  ↓↓↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


 ※ イラストを転載する場合には、教えていただけるとありがたいです。
    また仕事の都合上、コメントをいただいても1週間ほどお返事できない場合があります。ご了承ください。

2013年2月23日 (土)

モーガンと仲間たち

今日は、ベイスターズの「モーガンと仲間たち」。


Photo



Photo_2



いいキャラクターに来てもらいましたねー。今日、オープン戦やってるのに、見られないなんて。モーガン選手の守備を見たいのに! 多村選手もスタメン出場ですね。

なんで沖縄のホーム試合は放送してくれないんですかね? しかも、ホーム試合が多い。沖縄でホーム試合はやらないでくれとさえ、思ってしまいます。相手側が放送してもらえるチームなら、試合見られるわけですしね。ベイスターズも J SPORTS と契約すればいいのに。横浜に帰ってきてからも、ニュースバードは、平日はまた2時間しか放送してくれないしね。公式戦が始まってからも、他の放送局みたいに自分のところのチームばかり映すわけでもなく、ベイスターズより巨人ベンチ映してたりしてね。だからTVKでも放送していれば、私はTVKを見ますね。多少なりともひいき感がありますからね。夜9時半までしかやってくれないのが、残念なんですが。

ぐちっぽい記事になりました。


   *****
カナロコの記事で、多村選手と金城選手が 「まだ老けこむような年じゃない。鉄壁の右中間を守ろうって」話した、というのがあり、感動。金城選手には本当に厳しい年になると思いますが、バッティング・フォームも少し変えているところだそうで、まだまだ向上心は衰えず。
今年は去年より勝つよねー!!! 期待してますよ!

 人気投票のボタンになっています。よろしかったらポチっと押してくださいませ。
  ↓↓↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


 ※ イラストを転載する場合には、教えていただけるとありがたいです。
    また仕事の都合上、コメントをいただいても1週間ほどお返事できない場合があります。ご了承ください。


(検索用ワード 森本/ラミレス/ブランコ)

2013年2月22日 (金)

濱ノ嶋

今日は、三保ヶ関部屋濱ノ嶋 です。



Photo


先日、BS日テレの「トクセンお宝映像!」という番組で、時々やる大相撲の回のひとつとしてやっていた、「大相撲名勝負パート6」というのを見ていたら、舞の海の技を見せる過去の映像のひとつが、対濱ノ嶋戦でした。
私はこの濱ノ嶋が好きでしたね~。小さいのだけど、無駄のない太り方(?)をしていて、安定感がある。当時のパンフレットなどを見ると、一応、得意は「突き・押し」となっていますが、まわしをとってもちゃんと相撲が取れる。私の中のイメージとしては、栃煌山と同じような感じです。「突き・押し」が基本系だけれども、まわしをとった相撲もちゃんと取れて、地味だけどうまい相撲取り。私の好きな相撲取りは、ひとつはそういうのなんだな、と、これを書いていて、分かりました。
小結までしかいかなかったのが、残念。あまり貪欲さは感じなかったからかもしれません。小柄だったからかもしれません。

そんな濱ノ嶋が幕下まで落ちていって、ずいぶんそこでがんばってからやめたころは、私は自分の生活が忙しく、あまり相撲を見ることができないでいた時期でした。いつの間にか尾上親方になっていましたが、幕下で大銀杏も結えないで、しかもなかなか勝てないでいる姿は見たくない気がするので、かえって良かったのかもしれません。

親方になってからは.... 大丈夫なのかなあとずっと思っています。
三保ヶ関さんが協会の仕事で多忙だからなのかどうなのか、有望な弟子をみんな尾上部屋にやってしまって、あまり苦労せずに関取がたくさんいる、という状態は、よくないのでは... なんて思っていたら、いろいろありましたよね...
把瑠都が上がってきたころだったか、どなたか相撲評論家か元お関取だかが 「師匠が大学出だから心配なんだよ」 と言っていたことがありました。師匠自身の下積みが足りないから、そういう時期にするべき精神の鍛練などについて、教えることができない、というようなことだろうと、想像しました。その心配は、未だにずーっとありますよね。
いい相撲取り、必ずしもいい師匠にあらず。とならないように、頼みます。部屋の里山なんかは、好きな力士なので、細く長くがんばってほしいですよ。

 人気投票のボタンになっています。よろしかったらポチっと押してくださいませ。
  ↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


 ※ イラストを転載する場合には、教えていただけるとありがたいです。
    また仕事の都合上、コメントをいただいても1週間ほどお返事できない場合があります。ご了承ください。

2013年2月16日 (土)

<前中日監督>落合

今日は、前中日ドラゴンズ落合監督 です。


Photo_2


現役の頃は随分濃い感じでしたが、いつの頃からか、こんなふうに、輪郭がぼやけてしまいました。私は、この人はあまり好きではありません。選手を守るため、チームが勝つために、出せない情報がある、できないことがある、という主張は理解できますが、やはり、この人の態度には不快なものを感じることが多いからです。でも、野球選手として、監督としては、非凡の才能を持っていると思っていますから、何を考えているのかには、とても興味がありました。DeNAが親会社となって、まだ監督が決まらない頃は、落合は来てくれないのかなと思ったこともありました。

「落合語録」という本を読みました。「世間は”落合はしゃべらない”というけれど、落合さんはこんなに興味深いことをたくさんしゃべっているよ」ということを知ってほしいという、落合ファンの方のブログを書籍化したというこの本は、中日の監督であった8年間の落合さんの発言を、時系列に並べています。もしかしたら意図的に採用していない発言もあるかもしれませんし、いくつかは納得できないor理解できない、というものもありましたが、ほとんどが見開き2ページで、ひとつの発言とその解説が読めるという読みやすさも手伝って、一気に読んでしまいました。

プロ野球に興味のあるかたには、非常におもしろいと思いますので、詳しくは書きませんが、岩瀬投手に対して言った、「このグラウンドで乗り越えてくれないと。(下に落としていい選手といけない選手がいる)」、他の選手に迷惑をかけてまで育てるということはしないということで、「何かを犠牲にすることが、育てることだと思っている人がいるが、それは違う。」 など、落合監督の考え方にいちいちうなりました。アライバのコンバートなどについても、非常に印象的でした。選手ひとりひとりを、本当によく見ていたんだなあと思いましたし、優秀な参謀がついていたことも含めて、落合野球なのだろうなと感じました。
対横浜の試合についての解説で、当時のベイスターズの選手の名前がたくさん出ている項目もあり、うれしかったです。

そうして8年間をずっと読んできて、最後の年、惜しくも日本シリーズでソフトバンクに日本一を持っていかれた後の、ロッカールームでの言葉(掲載されている最後の言葉ではない)に、思わず目が潤んでしまいました。
落合さんであれば、今のベイスターズをどうするだろう、と考えずにはいられません。


   *****
今日の、ベイスターズと日ハムの練習試合、テレビで観戦しました。やはり試合はいいですね。日ハムに、ダルビッシュが二人いたような?北選手がスタメン!と思ったのもつかの間、肩を痛めてすぐに下がってしまったのには、ちょっと心配しました。
先発の三嶋投手と、レフトでスタメン出場した赤堀選手、とてもよかった。筒香選手は、体を大きくしたようですね。力強いスイングをしていました。モーガン選手のプレーも初めて見ることができました。ヘッドスライディングで盗塁していましたね。思ったより華奢で、動きがいいですね。まさかの出場のあった金城選手は2打数ノー安打。若い選手はプロ相手に自分の何が通用して何が通用しないのか、試す場でいいと思いますが、金城選手はダメでは? 昨日、大きな期待を書いておいて何ですが、早速、ちょっと心配になっていまいました。
ま、どの選手も開幕後に活躍してくれればいいわけですけども。あせらず見ようと思います。

 人気投票のボタンになっています。よろしかったらポチっと押してくださいませ。
  ↓↓↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


 ※ イラストを転載する場合には、教えていただけるとありがたいです。
    また仕事の都合上、コメントをいただいても1週間ほどお返事できない場合があります。ご了承ください。

2013年2月15日 (金)

金城&多村 in WBC2006

ご無沙汰です。休みなしで働いていました。さらに、J SPORTSでは、WBC2006 (金城選手が出ている!) の日本戦全試合再放送をしてくれたので、それも録画して見てしまい... やっとひと段落つきました。

というわけで、そんなWBC試合前の、金城選手多村選手のベンチでのひとコマ。



Photo


何の話をしていたのでしょうね。急に抱きついてました(^^;; 当時チームメイトで同じ外野手。仲良しだったんですね。

この頃の金城選手は大きくて(最大ではないのかな)、今の姿からすると、一枚着ぐるみを着ているみたいですね。もう少し若い頃の走塁の姿などを見ると、少しO脚ぎみの筋肉の塊のような足でガンガン走っていて、まさに 「肉弾」 という感じ。「野性児」 というあだ名も、あの時代だとピッタリします。今は「児」にちょっと違和感がある(^^;; のと、野球選手としてはむしろ小柄なので、あまり「野性児」という感じはしないかなと思っています。

WBCではそれほど出番はありませんでしたが、あの場に代表メンバーのひとりとしていたことがすごい。ああいう舞台を経験した後の、今の金城選手なんだなあと思いました。

多村選手は大活躍でしたね。この年のシーズン中は怪我が多くて、オフにはトレードされることを考えると、ちょっと複雑ですが、WBCでの多村選手を見たら、確かに輝いて見えました。レフトでの守備もすばらしくて、本当にいい選手だなあと思いましたが、フェンスに向かって飛び込んでいく姿が、どうしても、いかにも怪我をしそうなプレーに見えて、怖いこと、怖いこと。

他の選手では、西岡選手が走・攻・守と三拍子揃った、いい選手でしたね。まだ21才だったことを思うと、やっぱりすごい人っているんだなと感心させられました。その後、怪我なども多く、WBCで見せたほどのすごい活躍をし続けていたわけではなかったことを、後で知りました。
当時はまだからだも細く、つり上がった目と後ろ髪が長いせいで、”きれいな石川みたい”と思ったのですが、今はもうガッチリとした腰回りですね。今年は阪神でどんなプレーを見せてくれるか、ちょっと楽しみではあります。
福留選手の勝負強さも、非常に印象に残りました。
今はもうベテランと呼ばれる選手たちが、旬の選手として活き活きとプレーする姿に、結構夢中になって見てしまいました。おもしろかった!


多村選手は今年戻ってきて、どんな活躍をしてくれるのか、とても楽しみです。守備位置のかぶるモーガンを後でとっちゃったので、どのように使われるのか分かりませんが、ラミレスが2000本安打を達成した後は、レフトで出てもらってもいいと思うし、活躍の場は必ずあるでしょう。怪我だけには本当に本当に注意してほしいですが、その怪我が多いせいで、今までの通算の1軍の出場試合数からすると、8年分くらいしか消耗していないはずなので(^^;;; 期待したいです。

金城選手は、今月初めに、まだ横須賀でキャンプをやっているときに、2度ほど見に行きましたが、おしりがガッチリ四角くなっていて、これは自主トレ期間にかなり体を作ってきたな、ということが感じられました。外野手はますます競争が激しいですが、今年はヤルんじゃないでしょうか?

 人気投票のボタンになっています。よろしかったらポチっと押してくださいませ。
  ↓↓↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


 ※ イラストを転載する場合には、教えていただけるとありがたいです。
    また仕事の都合上、コメントをいただいても1週間ほどお返事できない場合があります。ご了承ください。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

フォト

『蒙御免(ごめんこ.うむる)の御免こうむる』分館


-天気予報コム-

今日のハマスタの天気は?

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

相撲ブログ村

  • 相撲ブログ村
無料ブログはココログ