« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月29日 (水)

キャンプ直前

金城選手が、まさかの(失礼!)キャンプ一軍スタートということで、急遽、横須賀に練習を見に行ってきました。ポカポカ陽気で、おしりの下にひくクッションも必要なかったくらいで、気持ちよく見ることができました。午前中だけしか見ませんでしたが、少なくともその時間には金城選手はいなくて、残念。

それでも、新人くんたち以外にも結構選手が体を動かしていました。まだ自主練中で背番号が分からないため、間違いもあるかもしれませんが、確認できたところでは、高崎・小林太・加賀美・土屋・林・田中・阿斗里・加賀・北方の各投手、奥にたぶんトラヴィス、軽く体を動かす程度で小林寛、野手は高城、少し後から後藤。みなさん、全体的に軽めに走ったりキャッチボールしたり、という様子でした。左投手は左投手どうしということか、林投手田中投手が組んでキャッチボールをしていました。
おしゃれだな~と思ったのは林投手


Photo


マッシュルームのような頭にモノトーン。足も長くて細いので、サマになってます。赤いネックウォーマーに黄色いシャツの田中投手も、なかなかのおしゃれです。

と思いきや、皆より遅れてすごい人が。



Photo_2


全身迷彩柄に、サンバイザー。茶髪のフワフワヘア。後藤選と行動をともにしていて、(私が見た)最後は、一緒に内野でノックを受けていました。粋がった若いおにいちゃんみたいな歩き方をする人で(失礼!)、あげくの果てに、観客席に向かって「どうも、皆さん!」と言って手を掲げました。こんな人、ベイスターズにいたかな.... と結局分からず、家へ帰ってから調べたら、たぶん中日からやってきた柳田選手ですね... こういう人だったんですか?

その後、この方が現れました... やはり、おしゃれ番長はこのです!



Photo_3


ピカッと光ってました。

新人くんたちでは、#48 山下投手 が別メニューで、トレーナーさん(たぶん)と2人で、グラウンドの奥でアップのようなことを繰り返していました。
柿田投手はずば抜けて大きいのかと思っていたのですが、あまり目立ちませんでした。大きい人が多いのですかね。


   *****
ビジターユニフォームが変更になった件で、球団フェイスブックのコメント欄で、私の「:DeNAになったので」を紹介してくださった方がいて、びっくりしました。ま、言うまでもなく、私は今回のはあまり好きではありません。”バカユニ”の”バカ”が増幅されたと思ってます。勝ってくれればユニフォームなんて二の次ではありますが、誰かが記録を達成したとき、チームが優勝なりしたときにあのユニフォームだったら... と想像すると、あまりかっこいいものではないですね。番長の150勝で、散々経験してますよね。

いずれにしても、プロ野球の季節がやってきました~ 嬉しい!!

 人気投票のボタンになっています。よろしかったらポチっと押してくださいませ。
  ↓↓↓
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


 ※ イラストを転載する場合には、教えていただけるとありがたいです。
    また仕事の都合上、コメントをいただいても1週間ほどお返事できない場合があります。ご了承ください。

2014年1月28日 (火)

隆の里

今日は二子山部屋隆の里 です。


Photo



稀勢の里が綱取りだったので、元祖師匠の前・鳴戸親方隆の里の土俵入り姿をテレビで何度か目にしました。最近、家族がBSで再放送している芦屋雁之助主演の「裸の大将」を毎週見ているので、老け顔の隆の里がどうにも清に見えてしまって...(^^;;;

私は実は、隆の里はあまり記憶にありません。ちょうど中学・高校の忙しい時期にあたったので、あまり相撲を見られない時期だったからかと思いますが、老け顔のせいもあって、もっとずっと昔の人のような気がしてしまいます。千代の富士より後に横綱に上がったということにとても驚いたことがありました。
今の若の里のように肩の筋肉が隆々で、ポパイというあだ名は有名ですが、顔つきがやさしいですね。足の筋肉の付き方が、貴ノ浪に似ていると思いました。一枚まわしでも千代の富士を釣り上げている相撲がありましたが、太い腕に太い足、見た目の安定感は抜群でしたね。
厳しい稽古で有名な二子山部屋所属であったうえに、苦労して出世した人なので、弟子の育成もそれは厳しかったのでしょうね。鳴戸部屋の力士といえば、稀勢の里・若の里・隆乃若(なつかしい!)・隆の山・高安が思い浮かびますが、おかしな相撲を取る人は誰もいませんし、皆聡明さを感じさせます。親方がそういう人だったということでしょう。
実直な人柄であろうと思われるだけに、50代にして急逝されたのは残念なことでした。稀勢の里が今後どうなるかは分かりませんが、弟子たちは後々必ず協会の力になるでしょう。


   *****
隆の里が横綱に上がった頃、後の横綱・大乃国が幕内・三役で活躍し出すのですが、今の栃乃若のおなかをもう少し大きくしたくらいの体格で、動きもとてもいいのです。あのあたりで維持しておけばよかったのではないのかなあと、思います。横綱の頃は、やはり大きすぎましたね。


   *****
白鵬の28歳・28回目の優勝で幕を閉じた初場所ですが、鶴竜が最後までついていってくれて、何とか最後まで興味をつないだ立役者となってくれました(白鵬にはもちろん、感謝と尊敬の念を禁じ得ません)。前回の記事で「内容が悪い」と書きましたが、私はそれほど「後になるにつれてだんだん良くなってきた」とは思っていなかったのですが、千秋楽の本割はすばらしかったですね。体格では白鵬に劣りませんし、本人の弁として「大関に上がってから10kg増やして、その体重がようやく身についてきた」というようなことが紹介されていましたので、傍で見るより、体の動きに対して本人の中に充実感があるのかもしれません。今後、注目してみたいと思います。

今場所は、佐田の海と照ノ富士がすばらしかったですね。佐田の海はやはり、非凡なものを持っているということを再確認できましたし、照ノ富士は幕内に上がってきますので、来場所とても楽しみです。

 人気投票のボタンになっています。よろしかったらポチっと押してくださいませ。
  ↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


 ※ イラストを転載する場合には、教えていただけるとありがたいです。
    また仕事の都合上、コメントをいただいても1週間ほどお返事できない場合があります。ご了承ください。

2014年1月22日 (水)

旭日松

今日は、友綱部屋旭日松 です。


Photo


必殺仕事人をイメージしてみました。
大島部屋から友綱部屋へ移ったひとりです。旭天鵬の記事でも書きましたが、旭天鵬が優勝したときに、付き人の中で一番涙を流していたのが、この旭日松でしたね。
見た目の感じそのままに、陽気で明るい性格のようです。典型的な押し相撲タイプですが、その体型のわりにはあまり重々しさを感じず、ガーッと出ていければ電車道ですが、上体(気持ち)ばっかりで足がついていかずに、デーンと前へあっけなく落ちることも多いですね。昨日の貴ノ岩戦などはまさにそういう相撲で負けました。(^^;

明瀬山とともに、しきりのときは極端にオープンスタンス(?)ですが、どういうメリットがあるのでしょう。2人とも突き押しですから、得意なほうのまわしを取りたいということではなさそうですし。短距離走のようにスタートにスピードが乗るのでしょうかね?

イラストのように、いつの頃からか、たっくさんの塩を撒くのがおなじみになりました。塩と言えば、水戸泉、北桜、そして朝乃若が思い浮かびます。朝乃若は大量の塩ではなく、上から投げつけたのでしたか、何しろ、塩といえばこの3人がすぐに浮かびます。
仕切り線の上に塩があるとすべるのだそうです。自分で撒いた塩でコケないように、注意しておきます(^^;


   *****
既に数日前から白鵬独走ですね。星勘定では1つ差で鶴竜が追っていますが、内容がよくない。ただ勝っているだけのような白星です。大関に上がるまでの鶴竜には期待していたので、上がってからのこのパッとしなさは、非常に残念です。
終盤戦の私の楽しみは、もちろん遠藤と、二敗の松鳳山と三敗の栃煌山がどこまでがんばれるか、ですね。栃乃若もずいぶん”らしさ”が戻ってきましたし、十両で佐田の海がいい動きをしているのも嬉しいところです。
遠藤の昨日の魁聖戦はとても見ごたえがありました。大きくて力の強い人にどこまで戦えるか、と思って見ていたのですが、あれだけ相手の背が高いのに、ひざがしっかり外を向いて、腰の低さが揺るぎない。下半身が強靭であることが改めて分かりました。加えて、数日前にも見せた俵を伝い歩くような足の運び。「土俵際が感覚としてつかめている」というようなコメントを残していましたね。本当に、すごい人が入ってきましたね~ 大銀杏が結える頃には、どのくらい強くなっているのだか。

稀勢の里は... 昨日が一番、力まずにいい相撲だったんじゃないでしょうか...

 人気投票のボタンになっています。よろしかったらポチっと押してくださいませ。
  ↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


 ※ イラストを転載する場合には、教えていただけるとありがたいです。
    また仕事の都合上、コメントをいただいても1週間ほどお返事できない場合があります。ご了承ください。

2014年1月 9日 (木)

もうすぐ初場所

遅ればせながら、本年もよろしくお願いいたします。年賀状代わりの一枚。



Photo


白鵬のちからが落ちてきたんではないか、と言われる中で、次もなかなか定まらない戦国時代の様相を呈しております。が、一番の興味はやはり、稀勢の里の綱取りなるかどうか。ここへきて、部屋の名称変更、のみならず、稽古場も移らざるを得ない状況になり、もちろん世間は注目。不利な状況ばかりです... 年末の「大相撲この1年」で、北の富士さんも舞の海さんも、稀勢の里の横綱昇進の可能性は80%と言っておられましたが、私はやっぱり、精神的に弱い稀勢の里を信用しきれず、50%と言っておきましょう。楽しみであり、上がってほしいことには違いないのですが。

日馬富士は、左足首を痛めて、ロクに稽古もできていない様子。先場所は足首の調子がよくてあの相撲だったので、今場所は痛いとなると... 悲しくなるような相撲は見せてほしくないのですが。

後は、忘れられていそうですが、琴欧洲の大関返り咲きなるか。(^^;

いずれにしても、話題が稀勢の里だけにならないような熱戦を期待します。イラストに入れた若手たち、がんばれ!!

 ....そういえば、相撲協会の新財団法人移行はどうなったのだろうか???

 人気投票のボタンになっています。よろしかったらポチっと押してくださいませ。
  ↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村


 ※ イラストを転載する場合には、教えていただけるとありがたいです。
    また仕事の都合上、コメントをいただいても1週間ほどお返事できない場合があります。ご了承ください。

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

フォト

『蒙御免(ごめんこ.うむる)の御免こうむる』分館


-天気予報コム-

今日のハマスタの天気は?

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

相撲ブログ村

  • 相撲ブログ村
無料ブログはココログ