« 宇良 | トップページ | <あさが来た>雁助とうめ3 »

2016年1月31日 (日)

<あさが来た>雁助とうめ2

朝ドラ「あさが来た」の雁助うめを、もう1回。


「わてと一緒に、この家出ぇへんか」の回から目が離せなくなり、録画して雁助うめの場面だけ編集して残し、繰り返し見て泣く、というこの頃。ふたりのことが、自分のことのように辛い。
ちょっとおかしくなってます>私。(^^;

 

雁助がひとりで伊予へ行くことを決め、うめが別れの挨拶をする。
今までおおきに→この思い出があったら一生ひとりで生きていける→どうかお元気で。
見事な三段活用。想い合う相手と別れなければならないとき、言えることはこの3つだけ。


雁助は、うめが一緒に行けないことで自分を責めないように、”それじゃあ、行きたくても一緒に行けないじゃん”という状況を作ったのだと思います(もとの嫁さんのところへ行くということで)。それが功を奏しての、うめの「なーんや...」だったのだと思います。
だから、別れの挨拶をするうめの口から「奥さま」という言葉が出たとき、そして最後と、雁助はとても辛そうな表情をしました。”そうやないんや... ほんまはあんたと...”という言葉が、出そうなほどの。

 

そして、あさがうめに、思い切り泣く場を提供します。ここで思い切り泣いておかないと、もっともっと辛いことになる。それをあさが察してくれての、相撲の誘い。
うめの号泣とともに、私も、本当に声をあげて泣きました。

 

この日は本当に辛くて泣きすぎて、目は腫れる→食欲はない→風邪をひく→よく眠れない という、散々なことになりました。

 

そして、昨日の放送では、雁助は千代に笑顔で言葉を残して、たったひとり、店に長い礼をして、去って行きました。

 

「あさが来た」のHPには、この別れについての、雁助役・山内圭哉さん、うめ役・友近さんのコメントが掲載されており、これがまた、涙を誘います。
山内さんの、
「”かんにんな”は言ってはいけないと思うんですが、雁助はそれしか言葉を持ってなかった。新次郎なら持っていたかもしれないけど、恋愛に疎い雁助にはなかった。」
というコメントが、本当に泣けました。

 

そして、ふたりのことが頭から離れない私はこの日の午後、ラジオから流れたYUIの”~恋しちゃったんだ...♪”を耳にした途端、また号泣してしまいました。(ふたりの結末に心を痛めているみなさん、ふたりの画像を見ながらこの曲を流してごらんなさい、泣けますよ。)





というわけで、辛くて辛くて仕方がないので、無理やりテンションを上げて、近い(?)将来をマンガにしてみました。

Photo
Photo_2
Photo_3
Photo_4
Photo_5
Photo_6
Photo_7

...すんまへん。何かポジティブなこと考えないと、辛すぎるもので... 堪忍しとくんなはれ。



関連:<あさが来た>雁助とうめ


 人気投票のボタンになっています。よろしかったらポチっと押してくださいませ。
  ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


※ イラストを転載する場合には、教えていただけるとありがたいです。
    また仕事の都合上、コメントをいただいても1週間ほどお返事できない場合があります。ご了承ください。
 

« 宇良 | トップページ | <あさが来た>雁助とうめ3 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: <あさが来た>雁助とうめ2:

« 宇良 | トップページ | <あさが来た>雁助とうめ3 »

フォト

『蒙御免(ごめんこ.うむる)の御免こうむる』分館


-天気予報コム-

今日のハマスタの天気は?

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

相撲ブログ村

  • 相撲ブログ村
無料ブログはココログ